北京・天津のニュース 記事

「好機の都市」総合1位は北京 天津は都市の強靭さ部門で5位に

【京津9月7日】中国発展研究基金会と大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパースは9月6日(日)、「中国国際サービス貿易交易会」の席上で「好機の都市2020」を共同発表した。この中で北京は総合首位を守り、天津は都市の強靭さ部門で5位となった。

この報告書は中国42の都市を経済的影響力、知的資本とイノベーション、技術成熟度、文化・生活、都市の強靭さ、インフラなど10の指標でランク付けするもので、2014年から7年連続で発行されている。

総合部門トップ5は北京、上海、広州、深圳、成都の順で、北京が首位の座をキープした。北京は部門別でも高順位にランクされており、経済的影響力の部門では1位、知的資本とイノベーション部門では広州と並んで1位となっている。このほかにも技術成熟度部門および文化・生活部門でも3位につけた。

今年は新型コロナウイルス流行の影響から、評価基準となる項目が増えた。これに対応して従来の「健康・安全・安心部門」が都市の医療や災害への対応、生産の安全確保、公共安全などを評価する「都市の強靭さ部門」へと格上げされ、天津はこの部門において5位にランクインした。

~北京天津ジャピオン9月14日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。