北京・天津のニュース 記事

北京地下鉄駅にAED設置へ 今年末までに7路線に完備

【北京10月28日】北京市交通委員会と北京市衛生健康委員会の10月28日(水)発表によると、2022年末までに北京の全ての地下鉄駅にAED(自動体外式除細動器)が設置される。設置は段階的に行われ、今年末までに7路線104駅に完備する予定。

AEDは年末までに地下鉄1・2・4・13号線と大興線・大興空港線・燕房線に、2021年末までに5・6・7・8・9・10・14・16号線と首都空港線・八通線、2022年末までに15号線と昌平線・亦庄線・房山線・S1線に設置される見込み。新路線には、開通と同時に設置する。

現在、地下鉄駅員に向けてAEDの操作訓練が始まっており、2020年末までに8割の訓練完了を目指す。

~北京天津ジャピオン11月2日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。