北京・天津のニュース 記事

北京の自動運転路上テスト 走行距離が200万キロを突破

【北京11月8日】北京智能車聯産業創新中心が11月8日(日)発表したところによると、北京の自動運転車の路上テストにおける安全走行距離が10月末までに200万キロを超えた。今年は10月までに約96万キロのテスト走行を行い、昨年1年間の走行距離・約7万キロを大きく上回った。

北京市は北京経済技術開発区・海淀区・順義区・房山区で200本、総計700キロの道路を路上テスト用に開放。北汽新能源・蔚来・百度・ダイムラーなど14社87台に、路上テストのための臨時ナンバーを交付している。

自動運転車の路上テストにおいて、北京は申請企業数、車両数、テスト距離すべて全国1位。IT企業、完成車工場、地図メーカーなどがテストを申請し、中でも百度と小馬智行の45台は有人テストの資格を取得している。

11月11日(水)開幕の「世界智能網聯汽車大会」では、一般道での初の自動運転体験イベントも行われる予定。

~北京天津ジャピオン2020年11月16日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。