北京・天津のニュース 記事

ペット同伴可の隔離所設置へ 大興区、コロナ感染増に対応

【北京1月25日】大興区は1月25日(月)、北京市疾病予防控制中心の提案により、大興区で集中隔離観察が必要な住民がペットを飼っている場合、同日より、ペット同伴可能な集中隔離施設を設け、観察を進めると発表した。

また、集中隔離施設には動物検疫専門スタッフを派遣し、ペットへの予防対策を行うとしている。

大興区副区長は、前日24日(日)に行われた「北京市新型コロナウイルス感染症流行予防対策に関する記者会見」の席上で、ペットを飼育している家庭について、家族の1人が自宅に残って集中隔離観察を行う許可を出していたが、今回、感染拡大を防ぐための更なるコントロール強化措置に踏み切った。

~北京天津ジャピオン2021年2月1日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。