北京・天津のニュース 記事

〝もっとも厳しい禁煙令”実施 飲食業、6割が検査で不合格に

【北京6月6日】6月1日(月)より〝もっとも厳しい禁煙令”が北京で正式に施行されたことを受け、北京市衛生監督所は6月5日(金)、初週の取締り結果を発表した。
これによると、検査を受けた2406企業のうち、約3割に違法行為が存在し、696企業が改正するよう命令を受けた。中でも、飲食業の6割が不合格だったことが分かった。
同監督所によると、禁煙令第一週目検査の結果、違法行為の発生率が高いのは飲食業で、合格率はわずか40.8%だった。また、娯楽施設やホテルの禁煙合格率も比較的低く、それぞれ62.75%、69.81%だったとしている。
一方、学校、党政機関の合格率は比較的高く、それぞれ72.85%、73.77%だったが、それでも約3割が不合格となった。
個人の違法喫煙に関しては、衛生監督員が禁煙指導にあたり、5日間で282人が違法喫煙の取締りを受けたとしている。
なお、市内の市属病院及び中央医療機関に対する検査では、15の病院が改正を命じられている。

~北京・天津ジャピオン2015年6月15日号

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。