北京・天津のニュース 記事

人気の〝民泊〟が高級化傾向に 中国国内も500元以上が主流

【北京3月6日】最近、民泊情報サイト「途家」が発表した「2017年民泊ショートステイ発展報告」によると、中国国内の民泊の平均価格は1泊401元、海外平均は744元で、1泊500元以上が民泊の主流となっていることがわかった。

同年の国内8都市の平均価格は1000元超、そのうち杭州市の千島湖、ハルビン市の亜布力、浙江省の湖州の平均は1500元以上で、主に別荘への宿泊となる。同サイトは、民泊も高級化の傾向があると指摘している。

なお、国内の民泊目的地ベスト10は成都、上海、北京、重慶、広州、三亜、青島、杭州、西安、厦門の順。一方、海外のベスト10は大阪、東京、京都、プーケット、バンコク、チェンマイ、パタヤ、ソウル、シンガポール、サバ(マレーシア)の順となっている。

~北京天津ジャピオン2018年3月12日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。