北京・天津のニュース 記事

消費者協会のアンケート調査 約5割が品質に不満と回答

【京津3月15日】世界消費者権利デーの3月15日(金)、中国消費者協会は1万人を対象に行ったアンケートの結果を発表した。この中で消費者の不満が最も多かったのは商品やサービスの品質に対してで、48.5%に達した。これに続き虚偽の商品説明30%、店側への不信21.1%など信用問題に不満を持った消費者も多かった。

分野別では健康食品や医療関連に不満が集中しており、健康食品に対する不満は28.6%と突出している。この他、医療用品19.8%、医療サービス14.7%など医療関連への不満も多い。

オンラインショッピングの際には97.7%が購入者の評価を参考にすると答え、良い評価より悪い評価に注目していることもわかった。しかし実際には、購入者の7割は自主的に評価を書きこまないため、プラットフォームや店側のシステムで自動的に「高評価」がつけられている点が問題視されている。

~北京天津ジャピオン2019年3月25日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。