北京・天津のニュース 記事

電子タバコへのクレーム激増 禁煙条例による規制へ前向き

【北京11月2日】北京市控制吸煙協会は11月2日(土)、今年8月1日(土)~10月31日(木)の期間、Wechat(微信)公式アカウント「無煙北京」への「北京市控制吸煙条例」違反に関するクレーム件数は3195件に上ると発表した。このうち公共の場での電子タバコに関するクレームが増加していることがわかった。

クレーム件数は前回の報告時より748件増加、1日平均37件に上った。統計によると、件数が最も多かったのは東城区、次いで密雲区、朝陽区、海淀区、西城区だった。

同協会責任者によると、10月の飲食店やオフィスでの電子タバコに関するクレームは数十件に上り、通報者は公共の場での配慮に欠けた電子タバコの喫煙に関してあからさまに嫌悪感を示し、疑問を呈しているという。

同協会は、北京市では目下、電子タバコ製品に関する規定はないものの、科学実験ではニコチンなどの有害物質の含有が証明されており、受動喫煙と同様に健康を害するリスクがあることから、禁煙条例への列入による規制を求めている。

なおデータによると、オフィスビルでの違法喫煙行為が著しく上昇しており、クレームの42.7%を占めている。

 

~北京天津ジャピオン2019年11月11日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。