北京・天津のニュース 記事

北京遊楽園跡地の再開発始動 「龍潭中湖公園」年内竣工へ

【北京6月13日】「北京遊楽園」跡地が近日、「龍潭中湖公園」建設に向け、正式に着工することがわかった。今年度末の竣工を目指す。

 

北京遊楽園は2010年5月に閉園したが、跡地は雑草が生えた状態で放置され、同園のランドマークである大観覧車「摩天輪」だけが残されていた。

 

東城区園林緑化局副局長によると、東城区では18年10月に跡地の再開発についてアンケート調査などで市民の意見を募り、最終的に森林、湿地、生物の多様性、スマート化などの実現、レジャー、スポーツ、エンターテイメント、科学知識の普及の4つの機能を備えた地域性総合公園とすることが確定していた。

 

建設計画によると、東は左安門内大街、西は京山鉄路、南は護城河、北は龍潭路までの総面積約38㌶となる模様。なお、「摩天輪」は専門部門の検査を経たうえで運営は行わないという条件の下、ランドマークとして保存するとしている。

 

~北京天津ジャピオン2020年6月22日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。