北京・天津のニュース 記事

北京市、25項目の新基準を発表 4階以上はエレベーター必須に

【北京7月6日】 北京市市場監督管理局は7月6日(月)、北京市の最新「地方基準」(各省・自治区・直轄市で定められる統一基準)25項目を発表した。

今回、都市管理・公共サービス、土木・建築などの分野の20項目の新基準を制定、5項目の基準を改定した。

このうち、住居の安全性や品質に関する「住宅設計規範」では、4階以上の新築住宅、またはエントランスフロアまでの高さが9メートル以上の新築住宅にはエレベーターの設置を義務付けるほか、寝室、リビングの高さは現行の基準より10cm高い2.5メートル以上に制定。バルコニーや片廊下、オープン型階段の踊り場の下にある公共の出入口には、落下事故防止の安全措置が必須で、バルコニーの柵は高さ1.1メートル以上に定める。

また、住宅の間取り別の使用面積について、寝室+リビング+キッチン+トイレの面積は32平米以上、ワンルームの場合は24平米以上が基準となる。

このほか胡同めぐりツアーに関する「胡同遊服務規範」では、交通管理の徹底や周辺住民の生活妨害になる行為の禁止、文化や歴史に関する展示の推進などを定めている。

「住宅設定規範」は、21年1月1日(金)より実施される予定。

~2020年7月13日北京天津ジャピオン~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。