北京・天津のニュース 記事

北京動物園でマナー違反横行 ブラックリスト制度導入へ

【北京8月3日】北京動物園では今年上半期、観光客のマナー違反行為に対する勧告が1100件に上ったことがわかった。

なお同期間、同園のデータベースに記録し、北京市文化和旅遊局に報告するケースは23件だった。

同園では入口に「マナー違反遊覧行為ブラックリスト」と題した掲示板を設置。柵を乗り越える、動物を怖がらせる、または傷付ける、指定区域外でエサを与える、釣りや遊泳などのマナー違反行為を列挙し、観光客に注意を促していた。さらに13カ所の動物運動場にも警告板を設置。エサを与える、フラッシュを焚く、ガラスを叩くなどの行為を禁止していたが、違反行為は絶えなかったという。

これに対し、同園では観光客のブラックリスト制度の正式な導入を検討。勧告を聞き入れない場合はブラックリストに記載し、悪質な場合には1~6カ月以内の入園禁止処置を採るとしている。

~北京天津ジャピオン2020年8月10日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。