北京・天津のニュース 記事

学食で食品安全検査 冷菜や生食も禁止に

【北京8月21日】北京市教育委員会は8月21日(金)、公式ウェイボーにて北京市小・中・高校の授業開始に向け、市内全域の学校食堂、校区周辺のスーパー、飲食サービス企業などの大規模な食品安全検査を実施するとした。

検査は北京市教育委員会、北京市市場監督管理局などが合同で1カ月にわたり行う。

教育委員会はコールドチェーン(低温物流)による食品の中でも輸入食品に対する管理の強化を要請、営業許可証や商品合格証明などがない食品の購入を禁止。また、学校食堂に対し、冷たい食べ物や生食、生クリームのケーキ、インゲン豆など高リスク食品の製造販売を禁止している。

~北京天津ジャピオン8月31日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。