北京・天津のニュース 記事

20年北京のPM2.5平均濃度 史上最低記録更新で目標達成

【北京1月4日】北京市生態環境局は1月4日(月)、2020年の北京のPM2.5平均濃度は前年同期比9.5%減の1立方メートルあたり38マイクログラムだったと発表した。

PM2.5の平均濃度は観測史上、最も低い数字となり、国家基準である1立方メートルあたり35マイクログラムに接近した。

同年のPM10の平均濃度は前年比17.6%減の1立方メートルあたり56マイクログラム、二酸化窒素の平均濃度は前年比21.6%減の29マイクログラム、二酸化硫黄の平均濃度はほぼ横ばいの4マイクログラムだった。

また、同年の空気レベル優良天候日数は前年より36日増の276日間、優良天候率は75.4%に達した。一方、重度汚染日は10日間だった。

~北京天津ジャピオン2021年1月11日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。