北京・天津のニュース 記事

高病原性の鳥インフルエンザ 圓明園の黒鳥が感染・死亡

【北京2月1日】中国農業農村部は2月1日(月)、公式サイトにて、北京市の野生の黒鳥が高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)に感染したと発表した。

中国動物疫病予防控制中心の報告によると、海淀区の圓明園遺跡公園の野生の黒鳥から致死率の高いH5N8亜型ウイルスが検出された。また、同じ場所に生息する15羽のうち3羽が発症、3羽が死亡していた。

感染確認後、生息地では緊急機制を発動し、周辺地域への消毒作業を実施。また、黒鳥及び生息地から257のサンプルを採取し検査を行った結果、すべて陰性だったと報告している。現時点では、その他の地区での感染は確認されておらず、抑制されたとみている。

~北京天津ジャピオン2021年2月8日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。