北京・天津のニュース 記事

北京ワクチン接種900万人に 外国籍住民への接種も開始

【京津3月29日】北京市では3月29日(月)11時、新型コロナウイルスワクチンの接種者が900万人に達した。

このうち546万人が2回目の接種を終えた。

海淀区では3月28日(日)、1日のワクチン接種量が10万回を超えたことを発表。大学が密集する同区では、北京大学など19校で集中ワクチン接種を実施。同日までに累計225万回に上っている。

北京では最近、外国籍住民へのワクチン接種を全面的に開始。18歳以上であれば、企業または社区、留学先の大学を通して予約し、接種を受けることができる。なお、予約の際には身分証明書情報、接種の際にはパスポート及び有効期限内の停留・居留証が必要となる。

一方、天津市衛生健康委員会は3月28日(日)、4月末までに天津市総人口の約40%にあたる合計610万人へのワクチン接種が完了する予定だと発表している。

~北京天津ジャピオン2021年4月5日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。