北京・天津の医療 記事

お医者さんの御用達~第379回~大山楂丸

512お医者さん1

512お医者さん2

食べ過ぎ胃もたれに「大山楂丸」

――先生、昨夜は少し食べ過ぎてしまいました…。消化を助ける良い薬はありませんか?

 

先生 それでは、「大山楂丸」をご紹介しましょう。消化を促す薬として、最も効果が期待できるので、僕自身も常備しています。箱には球状の薬が入っていますが、外側は食べることができません。さらに中を開けると、こげ茶色の粒が入っています。この粒を水で流し込むのではなく、噛み砕いて食べてください。まったく苦味がなく、甘酸っぱい味がしますよ。食後に摂取するのが一番ですが、食べ放題に行く前など、食前に食べておくと消化が緩やかになり、後々苦しまなくて済みますよ。

 

――初めて耳にした薬です。どんな成分が含まれているんですか?

 

先生 主成分はサンザシで、脂っこいものの消化を促し、脂肪を分解する作用があります。それと、炭水化物の消化を促す麦芽や、中薬としても使われる神曲なども含まれています。乾燥したサンザシはスーパーでも手に入りやすいので、サンザシをお湯に入れて飲んでも同様の効果が期待できます。

 

――この薬は子どもや高齢者でも大丈夫ですか?

 

先生 はい、問題ありません。ただし、この薬を服用した後は、あっさりした温かいものを食べてくださいね。お酒や辛いもの、冷たいものや油っこいものは厳禁ですよ!

512お医者さん3

~北京天津ジャピオン2018年7月9日号~

北京・天津の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。