北京・天津のニュース 記事

北京の総生産6・7%増加 市民の収入も5・9%アップ

【北京4月20日】北京の今年第一四半期マクロ経済データが4月19日(木)に発表された。これによると北京のGRP(地域総生産)は総額6801・5億元。比較可能な実質値に基づいて計算すると、前年比で6・7%増加した。

総生産の上昇速度は前年と同水準だが、前年の第一四半期と比べると0・2ポイントの減少。

北京市統計局によると、第一四半期(1~3月)の景気動向については全体的に幸先の良いスタートを切り、穏やかに成長している。

北京市民の可処分所得の平均は15767元。物価の影響を除いて実質的には5・9%の伸びと、安定した上昇傾向にある。

国家統計局のデータでは、第一四半期のCPI(消費者物価指数)は2・3%上昇とこの5年で2番目の上げ幅となったが、緩やかな上昇の範囲内であり、次第に落ち着いていく見込み。
~北京天津ジャピオン2018年4月30日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。