北京・天津のニュース 記事

北京の有名ホテルも問題発覚 五ツ星ホテルの資格取り消し

【北京4月22日】中国文化和旅遊部公式WeChat(微信)によると、全国旅行星級(ホテルの等級)評価委員会は4 月21日(日)、8軒のホテルに対し五ツ星ホテルの資格を取り消し、5軒のホテルに対し12カ月の期限内の改善を要求したことを公表した。

五ツ星ホテルの資格を取り消されたのは、北京の「北京長安大飯店」、「北京九華国際会展中心大飯店(九華インターナショナルコンベンションセンター)」、「北京南宮温泉度假酒店」青島の「青島麒麟皇冠大酒店」などだった。また、12カ月の期限内に改善を要求されたのは、北京の「北京国際芸苑皇冠假日酒店(クラウンプラザホテル北京)」、「北京西国貿大酒店」、杭州の「索菲特西湖大酒店」などだった。

全国旅行星級評価委員会は今年2月、1回目の潜入検査により深刻な問題が見つかった五ツ星ホテル17件に対し、等級取り消しまたは期限内の改善処理を科していた。これらの五ツ星ホテルには深刻な衛生および消防安全問題、サービスが基準に達しないなどの問題が発見されたという。

今回も「旅行ホテル等級の区分と評価」および関連規定に従い、2回目の潜入検査が実施された結果、処置を決定したとしている。

~北京天津ジャピオン2019年4月29日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。