北京・天津のニュース 記事

コロナ検査結果を陽性に偽造 騒乱挑発罪で2人を逮捕

【北京7月12日】北京市公安局大興分局は最近、公式ウェイボー(微博)にて、PCR検査の結果を陰性から陽性に偽造したとして騒乱挑発罪で2人を逮捕したことを報告した。

報告によると、大興龍湖天街のある店舗の店員がコロナウイルスのPCR検査結果を受け取った後、ソフトを使って画像を陽性に書き換え、知人に送付していた。知人は検査結果が偽造であることを知りながら、WeChat(微信)のグループチャットに送信、これを信じた店舗責任者は慌てて龍湖商場に報告、商場内はパニックに陥っていた。その後、通報を受けた天宮院派出所が検査機関に確認したところ、偽造であることが判明。容疑者2人は大興警察によって逮捕された。

~北京天津ジャピオン7月20日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。