北京・天津のニュース 記事

顔面にドローン激突 大ケガで民事訴訟に

【北京6月1日】最近、朝陽区蕭太后河広場にて2歳の男児が、14歳の少年が飛ばしていたドローンにより負傷していたことがわかった。

朝陽警察によると、5月9日(水)午後、男児が公園で遊んでいたところ、飛来してきたドローンが顔面に命中し、鼻骨付近に約6cmの傷を負った。男児の父親によると、男児は顔面を9針縫ったという。事故後、ドローンを操縦していた外国籍の少年は、ドローンを拾ってそのまま現場を立ち去っていた。

その後、通報を受けた警察は少年を見つけ出し、双方は協議を重ねたものの、合意には至らず民事訴訟に入ったとしている。

~北京天津ジャピオン2018年6月11日号~

北京・天津のニュース ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。