北京・天津のニュース 記事

清明節の花見客475万人に 北京、飲食店も活況を呈する

【北京4月5日】北京市公園管理中心によると、“清明節”3連休の4月3日(土)~5日(月)に北京の市属公園11カ所及び中国園林博物館を訪れた観光客数は前年同期比197%の約164万2500人だった。

このうち観光客に人気のベスト5は、玉渊潭公園、北京動物園、天壇公園、頤和園、北京植物園の順だった。

北京市園林緑化局によると、同期間、北京市公園風景区全体の観光客数は人数制限措置下、前年同期比120%の475万人に上った。

一方、北京商務局が5日に発表した統計によると、同期間、北京の主な百貨店、スーパー、専門店、飲食、ECサイトなど重点企業の売上額は前年同期比12.6%増、2019年同期比6.4%増の21億5千万元に上った。

同期間、“清明節”にちなんだ伝統的な小吃「青団(ヨモギ団子)」の売上げも好調で、「北京稲香村」では100万個を生産し、売上額は前年同期比35%増となった。また、北京の老舗飲食店「全聚徳」、「東来順」、「大董」などでは売上が前年同期比で5倍以上となった。

このほか中国銀聯のデータによると、全市のサービス性消費金額は前年同期比で34%増、19年比で27.1%増だった。

~北京天津ジャピオン2021年4月12日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。