北京・天津のニュース 記事

北京の柳絮、飛来予報を発表 第1次ピークは10日~15日に

【北京4月5日】北京市園林緑化局、北京市気象局は4月5日(月)、「2021年第一期北京柳絮(りゅうじょ、柳の種子・綿毛)飛散予報」を発表した。

予報によると、北京中心部と南部は5日~8日(木)、東北部は7日(水)~10日(土)、西北部は8日~11日(日)にそれぞれ飛散期に突入する。

柳絮の飛散には周期性と季節性があり、樹木の種類と環境の温度によって差が生じる。北京市の飛散期は一般的に4月上旬~5月下旬の50日前後で、降水や気温の低下、強風などの影響により20日前後変化する。また、ピークは一般的に約1週間続き、連日10時~16時が最も飛散する時間帯だという。

専門家は、今年の第1次ピークは4月10日~15日(木)、主に五環内でポプラの柳絮が、第2次は4月下旬~5月上旬に中心部と平原部でカナダポプラや青楊の柳絮が、第3次は5月中旬に山間区で発生すると予測している。

~北京天津ジャピオン2021年4月12日号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。